• HOME>
  • ジョイポリスとは

ジョイポリスとは -What's JOYPOLIS-

 

コンセプトは「デジタリアル(DigitaReal)」~デジタルとリアルが融合することで可能となる新たな非日常体験~

『東京ジョイポリス』は国内最大級の屋内型テーマパークです。
コンセプトに掲げたのは、「デジタル」と「リアル」の融合を意味する「デジタリアル(DigitaReal)」。
コンテンツとして「デジタリアル ライブ ステージ」「トランスイリュージョン」の他、「デジタル」要素を盛り込んだアトラクションや飲食スペース等、施設コンセプトを体現する"5大「デジタリアル」体験"で斬新かつ先進的なエンタテインメントを創出し、全く新しい非日常体験を提供いたします。

5大「デジタリアル」体験

施設コンセプトの「デジタリアル」を体現する5 つのコンテンツにより、現実世界では決してあり得ない体験を提供いたします。

DigitaReal 1. デジタリアル ライブ ステージ

「デジタル」映像と「リアル」パフォーマンスが融合したライブステージ

映像と現実のアクターが一体となって華麗なパフォーマンスを繰り広げる、『東京ジョイポリス』でしか体験できない新しいライブエンタテインメントショーです。最新のデジタル技術を用いた映像演出や空間演出により、高い臨場感と興奮を味わうことができます。最も「デジタリアル」を体感できるコンテンツです。

詳しくはこちら

DigitaReal 2. トランスイリュージョン

「プロジェクションマッピング」で
ダイナミックに演出するタイムイベントショー

最新の映像表現である「プロジェクションマッピング」とライティングやサラウンドシステム等の「デジタル」技術を駆使し、映像・光・音を融合した『東京ジョイポリス』オリジナルの映像ショーを実施、吹き抜け空間を毎日多彩な演出で彩ります。近年高い注目と関心を集めている「プロジェクションマッピング」を間近で体感することができる、幻想的かつ先進的なエンタテインメントショーです。

「プロジェクションマッピング」とは・・・
実物(リアル)と映像(バーチャル)をシンクロさせる映像手法。プロジェクターを使って建物等の立体物に映像を投射し、目の錯覚であたかもその立体物が動いたり変形したりしているかのような効果を生み出す新しい表現方法で、広告やアート等の世界で注目を集めている。
詳しくはこちら

DigitaReal 3. アトラクション

絶叫マシンに「デジタル」要素をミックスさせた進化型アトラクション

『東京ジョイポリス』オープン以来常に高い人気を誇っていたスノーボードがモチーフの立ち乗りライド「ハーフパイプキャニオン」、屋内型コースターの常識を超えた疾走感とスリル感が人気のコースター「スピンバレット」の2大看板絶叫マシンをリニューアル。「デジタル」要素をプラスしてよりエキサイティングに生まれ変わります。

詳しくはこちら

DigitaReal 4. スペースインタラクション

「デジタル」と「リアル」が融合した不可思議体験

あたかも生命体のように館内の至るところに浮遊する『東京ジョイポリス』のアイコンとゲストが触れ合うことで、現実とCGが融合した様々な「デジタリアル」体験が発生します。画面内に生息していたアイコン達が現実世界に飛び出してきたり、自分がいつの間にか映像の世界に入ってしまったり・・・。「デジタル」と「リアル」がシームレスに繋がる不思議さ、おもしろさをどなたでも無料で体験することができます。

詳しくはこちら

DigitaReal 5. D-Lounge(ディーラウンジ)

「デジタリアル」エンタテインメントラウンジ

「デジタル」技術を使ったエンタテインメントが体験できるラウンジが新たに登場します。アメニティスペースとして自由にご利用いただけるラウンジ内には飲食スペースも設け、様々な「デジタリアル」コンテンツをじっくりとお楽しみいただける環境を整えます。軽食に加えアルコールも販売いたします。

詳しくはこちら

ページの先頭に戻る

東京ジョイポリス概要

施設名称 東京ジョイポリス(TOKYO JOYPOLIS)
所在地 東京都港区台場1丁目6番1号 DECKS Tokyo Beach 3F~5F
TEL:03-5500-1801(代表)
リニューアルオープン日 2012年7月14日(土)
営業面積 9,600平方メートル
[3F/3,810平方メートル][4F/2,146平方メートル][5F/3,644平方メートル]